スタバのバイトで覚えることってどんなこと?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0

スタバのバイトの仕事内容

yuka160322010i9a4289_tp_v-1

スタバのアルバイトの仕事は基本的にレジでの接客、ドリンク作り、資材の補充、バックヤードなどでお皿やマグカップ洗浄、フロアでの接客やコーヒー豆、スタバのグッズ案内などこれだけ見てもかなりの仕事量があると分かります。

しかもこれが忙しくなると1人1人の仕事量も倍近くに膨れ上がります。

スタバのバイトでは研修期間が用意されているので、その間は基本的にはレジの打ち方やドリンクIDの書き方、接客の言葉使いや流れ、ドリンクの作る手順、やお渡しするときの接客などレジとドリンクの仕事を覚えるのがメイン業務になります。それ以外にイレギュラーでフロアに出て清掃やゴミを変えたり、ゴミ出ししたりお皿やカップも洗ったりする作業も覚えます。

ドリンクの作り方、レジの打ち方、そしてスタバらしさがある親しみのある接客を覚えていくのがスタバの一番の仕事内容です。

スタバの仕事は覚えるの量は多いのか?

基本的な仕事の内容はそこら辺にあるカフェなどと同じ仕事内容です。

しかし、ドリンクの種類も多いですし、カスタマイズすることでさらに作るドリンクも増えて大変な作業になります。またドリンクを作る工程も多くて特にフラペチーノなどはトッピングがたくさんあるので、1つ作るのにも時間がかかります。またスタバでこれらの作業を楽しく笑顔で行うように教育されるので、どんなに大変でも笑顔を作らなくてはいけません。

つらつら書きましたがかなり仕事の内容は濃密です。入ったばかりの研修期間の間は特にしっかりと予習、復習をしなければ、よけいに大変な目に遭います。

まとめ

スタバの仕事は業務的にはレジとドリンクですが、どちらも内容はかなり濃く、またコーヒーの勉強もしないといけません。

他のカフェですとコーヒーの知識って本当に素人に毛が生えたくらいのさわりくらいしか教えないのですが、スタバは生産地やコーヒーの歴史からスタバで扱っているコーヒーのテイスティングなどもしっかりとカリキュラムに組み込まれている分、仕事内容はやはり多いです。

でもその分色々な知識も増えますし、スタバのバイトは仕事をどんどん覚える行けば行くほど、楽しさややりがいを見つける事が出来る素晴らしいバイトです。

コンビニとかなんてある程度覚えてしまうと後はずーーっと同じ事の繰り返しですし、やる気の無い接客なども見受けられますのでそれに比べたら人間的にもかなり成長できるのがスタバです!!

大学生なら社会人になるに当たってもとてもいい経験ができます。大学生は特にスタバでのバイトをやる価値は充分にありますね♪

スポンサーリンク
レクタングル中