面接に受かる!?スタバの応募動機はこう書け!!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0

スタバの応募動機についてじっくり考えてみた結果!

はい!!絶対受かるなんて言葉ありません!!

そんな事を言っているサイトや人が入れば詐欺です笑

しかし!!確実にスタバの面接に受かりやすくなる応募動機の書き方はあります!!今回はそのスタバの応募動機についてじっくりとポイントを踏まえてご紹介していきますので、よろしくお願いします!!

受けるお店をじっくりと自己分析する

まずはその自分が受けたいお店の事について自己分析する事です。

自己分析と言うと難しく感じる人が多いと思いますが要するに、そのお店に行って1時間以上人間観察をしたり人の流れや客層などをじっくりと観察して自分なりの答えを見つけます。

これは朝、昼間、夜と分けて分析をしてください!!

これを行うことでそのお店のマーケティングが出来上がり、忙しい時間帯、客層、立地、場の雰囲気、スタッフ人数や働いている人の様子などなど垣間見れますのでこれを応募動機に繋げていけばかなり良い応募動機が出来るはずです。

例えばですがお店の落ち着いた雰囲気が好きで応募しました。などそのお店の良い部分を自分自身の応募動機に繋げるわけです。

自分の中にある真の答え(応募動機)を見つけだす

これは自分の心の中になぜ?を与え続けて、どんどん自分の考えや本当にやりたいことを見つけるためです!!

真の答えは自分の真の言葉になり自分自身に力を与えくれる明確な応募動機になります!!

なぜスタバで働きたいのか?を考える

これは面接官が絶対に聞きたい事のひとつであり、ここの発言で面接の優劣が決まると言っても過言ではありません!!

スタバで働くにはある程度情熱やスタバが好きでないと長く働くことが難しくなるためです。

そのお店のスタバでなぜ?働きたいのか??

これが一番応募動機に占める割合が多くなければいけません!!

シンプルな理由が一番大事!!

そして何よりも応募動機はシンプルが一番です!!

相手に分かりやすく明確に答えを提示することですぐに納得しますし必然的に良い印象を当たえやすくするのです。

逆に長々と応募動機を言い過ぎたり書き過ぎたりすると面接が終わったあとに何も印象がのこらず、結局あの人は何が言いたかったのだろう・・・・。となりかねません!!

まとめ

いかがでしたでしょうか?

スタバの応募動機はシンプルに相手に分かりやすく伝える事、その受けるお店のメリットと自分の真の答えをかけ合わせる事で本当に働きたい理由を応募動機にすることが出来るはずです!!

ぜひ応募動機に困ったらこのポイントを意識して考えてみて下さい。

スポンサーリンク
レクタングル中