学生SSVとしてスタバで働くには?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0

学生SSVって何?

c450d01347c958d6008963e9b48d044b_s

学生SSVとは学生とはつまり大学生や専門学校に通いながら、スタバの時間帯責任者として働く人の事を言います。

SSVとは時間帯責任者の事で、スタバではその日の限られた時間帯で自分がアルバイトや社員のタイムスケジュールをコントロールする役割を担いますのでかなり責任感が必要な仕事です。

今回はこの学生SSVについて詳しくお話していこうと思います!

学生SSVへの道のり

学生SSVになるには学生の状態でSSVにならないと行けません。

まずSSVになるには昇給する順序があります。

バリスタ認定→バリスタショート→バリスタトール→バリスタグランデ→バリスタヴェンティ→SSV

このような順序を辿り、店長や周りの先輩に認められる事で初めてSSVになることが出来るのです。

学生でこの様に昇給するには4ヶ月に1回の昇給制度なので、単純計算ですと最速1年でなれることが分かります。

しかしこの昇給制度はいかんせん他者の評価になりますので、自分の思い通りに行かないことが多々ありますので、大体早くても1年半から2年はかかります。

3年経つと大学生は4年制ですので、あまり学生SSVとして働くことができないかも知れないです。

なので学生SSVを目指すのなら大学1年の夏ぐらいにスタバで働くことをオススメします!!

学生SSVの仕事内容

学生SSVは社員のSSVと何が違うのか?についてですが、基本的に同じ業務になります。

ただし、まだ学生SSVになりたての人はフォローで先輩SSVの人や社員の方がついてトレーニングしてくれますので安心して業務を行うことができます。

①お店全体のシフトコントロール

②自分の動きに合わせた人員の配置

③イレギュラーな仕事に対してどう対応するか?

このあたりが学生SSVにおける重要なポイントです。

またもちろんクレーム対応なども自分がSSVの時間帯ですと対応しなければいけません。

したがってより責任感が必要ですし、柔軟な対応力も求められますので今までの倍以上に神経や考えて行かなければいけませんので学生SSVを目指す方はそのあたりもよく考えてから目指しましょう。

おわりに

学生SSVは社員と同等の扱いになりますので、自分の立場は今までよりも責任感が必要になることが分かります。

学生SSVは中途半端な気持ちでやるとかならずお店やお客様にも悪影響を及ぼしかねない非常に重要なポジションですので、今までスタバでバイトしていた気持ちを忘れずにより真剣に考えて行きますので、頑張ってください!!

スポンサーリンク
レクタングル中