スタババイトの経験者が語る!スタバの仕事内容や身につくスキル!!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0

管理人はスタバの経験者

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-29-22-30-21

私管理人はスタバのバイトの経験者です!!

もう2年前位になりますが、約4年間スタバでバイトをしていました!!

仕事においての良い事も悪い事もスタバで学ばせて頂きました!!

今回は私の経験談を交えて、スタバの仕事内容や身につくスキルや、

仕事の流れなどこれからスタバでアルバイトを始めてみたいと思っている方に向けて、色々お伝えしていきます。

スタバのバイトの流れ

1、研修期間

まずはスタバで採用されますと研修期間があります。

バリスタトレーニーとして試験に合格するまでは見習いとして上のバリスタトレーナーと呼ばれる人に教わりながら、仕事を覚え試験合格を目指していきます。

2、研修の流れ

まずは基本となるドリンクのレシピやレジでの接客から会計までの流れなどスタバの業務の基本的な

流れを習得していきます。

ドリンクはレシピを必ずメモして練習する時にすぐに動作に移れるように暗記をしましょう。

レジでは基本的な接客用語やお金のやり取りなどを必ず覚えるようにメモしましょう!!

このドリンクとレジの基本動作を覚えることが第1段階になります。

その後フロアーに出てお店の流れを覚えたり、バックヤードでの仕込みや期限管理も覚えて行きます。

また接客時のスタバで大切にしている事や姿勢なども徹底的に仕込まれますので、必ず覚えて行動に移しましょう。特にスタバでは笑顔を意識付けされますので、バイトの前には笑顔を作る練習をしましょう。そしてお客様に共感する心を忘れないことです。

3、バリスタ認定試験について

研修期間を通じて基本的な業務を普通に行える様になったとバリスタトレーナーが認めるとバリスタ認定試験と言う最後の試験があります。

この試験に合格すると晴れてバリスタとして一人でお店に立つことができます!

試験は実技と質問に答えるタイプの問題になります。

スタバのスタンダードであるカプチーノの適正な作り方やレシピの確認などが試験内容です。

何が出るかわからないと不安になりますが、バリスタトレーナーの人は優しいので、問題などをどの当たりから出すかなどを試験を受ける前に教えてくれますので、安心して受ける事ができます。

研修期間後の流れ

研修が終わりバリ任試験に受かると、晴れて一人前のバリスタです。

ここからは一人で日々の業務を遂行して行きます。

もちろん試験を合格しても覚えること自体はどんどん増えていきます。

わからないことはすぐに上の役職の先輩に聞いて、時に間違った事は素直に謝ることも大切です。

基本的な動作を見に付けてお客様の心も接客でガッチリと掴んでいく!!

これがスタバ流の仕事です!!

いかに自分の接客力でお客様にまた来たいと思わせるかが重要な鍵を握っています。

そこがまたスタバも楽しさでもありますね!!

僕が感動したのは、いつもよく来てくれるお客様にあなたが作るコーヒーは本当に美味しいわと言ってくれたことですね♪

後はカワイイ動物の絵を描いてお客様に渡した所、大変気に入ったみたいでTwitterにアップしますね♪と直接言ってくれたことが嬉しかったです!

お客様に笑顔で喜んでもらえるだけでかなり仕事の原動力になりますし、たぶんこれが一番のやる気につながるんじゃないかと僕は思っています!!

またお客様に顔や名前を覚えてもらい仲良くなってプライベートでもご飯に行ったりしたのは本当に楽しかったし嬉しかったですね♪

まとめ

スタバの仕事は他のカフェに比べると基本動作も多くドリンクの種類も多いので、覚えることも多くて大変です。

また接客ではどんなに疲れていても笑顔で行わなければ行けないので、そこもしんどいです。

しかしそれ以上にスタバにはやりがいや仕事の魅力がたっぷりと詰まっています。

そこにハマってしまうともうあなたは立派なバリスタでありスタバ大好き人間です!!

スタバには宗教的な要素もあるので、ハマりすぎると抜け出せなくなる恐れもあるので、

休みの日は少なくても他のカフェなどに行き自分にスタバ以外の刺激を与えることも大切ですよ!

スポンサーリンク
レクタングル中