スタバの赤い液体の正体が判明!?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0

騒然!?スタバのドリンクに使われている赤い液とは一体なに??

しばらく前ですが、スタバの赤い液の話題がニュースやネットの口コミで話題になりました!!

この赤い液の正体とは一体何なのでしょうか??

今回はこのスタバの赤い液の正体について詳しく説明していきます!!

スタバの赤い液の正体

スタバの赤い液の正体はコチニールと呼ばれる虫から取れる液体の色素でストロベリークリームフラペチーノなどの赤い色素をつけるために使われていました!!

めっちゃグロいですね・・・・。

スタバでは2012年に使用を全面的に中止し今現在は使われていませんが、これは何もスタバに限ったことでは無く他の飲食店や食べ物などには未だに含まれています!!

なぜなら日本はコチニールを全面的に使用を禁止していないので、まだまだ使われている食品は数多くあるのが現状なのです!!

かき氷や加工肉全般のハムなどの色素に使われています。。

本当に日本は添加物大国です。。恐ろしいの一言ですね。

さて、話はそれましたがこのコチニールはコチニール虫は別名

カイガラムシと呼ばれほぼ100%南米のペルーが原産地です。

一体なぜにこんな虫から色素を取っているのでしょうか・・・。。

スタバは大元は米国の会社なので致し方ないかも知れませんがもう少し食の安全には気を使って欲しいですね!!

ちなみに米国や欧州ではこのコチニール系の添加物は禁止されています!!

コチニール色素は安全なのか?

コチニール色素は日本ではしっかりと安全検査や発がん性があるか?などの検査を行い安全基準を守っているので、使用は認められていますのでそこはご安心ください。

しかし、安全と言われて得体の知れない虫から抽出したものですからやはり不安は拭いきれないですね。

今現在はストロベリークリームフラペチーノに使う色素は植物や食べ物から取った天然の色素を使っているので安全です!

まとめ

スタバの赤い液体の正体はいかがでしたでしょうか??

かなりの人がショックを受けているかと思いますが、スタバの食品にかぎらずに日本は食品添加物に対してあまりにもずさんな管理ですし、

お店で包装されていない物を食べる場合は法律で原材料を記載しなくても良いことになっていますので、

ますます何が使われているかは私達には分かりません。

私が言いたいのは自分たちの身は自分たちで守らなければならないと言う事です。

スーパーなどで買い物する際には原材料をよく見て気をつけて買い物しましょう。

スポンサーリンク
レクタングル中