スタバの時間帯責任者とは?元スタバ店員が教えます!!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0

スタバの時間帯責任者とは?

スタバの時間帯責任者とは一体何のことなのでしょうか?

スタバのバイトを始めて見て気になった方は多いと思います!!

今回はスタバの時間帯責任者について元スタバ店員である管理人が徹底的に解説致します!!

スタバの時間帯責任者について

スタバの時間帯責任者はその名前の通り、ある指定された時間だけを責任者として働く人の事を指します。

例えば夜の時間だけ店長や社員に任されますと、その時間帯の責任者として働きシフトコントロールやバイトの教育、クレーム対応、発注の管理などすべての業務を行います!!

ちなみにスタバでは時間帯責任者の事をSSVと呼んでいます!!

SSVとは日本語で言うとシフトスーパーバイザーの略称です。

SSVになりますと管理能力や人員配置、シフトコントロールなどかなりの業務が増え責任感もより一層強まります!!

時間帯責任者はバイトでもなれるの??

時間帯責任者はもちろんアルバイトでなれます!!

と言いますか、スタバの時間帯責任者(SSV)はほとんどがアルバイトと言うのが現状です。なぜなら2014年に契約社員をすべて正社員にしたスタバは契約社員がいないので、正社員の下はすべてアルバイトになります!!

よってアルバイト=時間帯責任者(SSV)ということになります!!

時間帯責任者はアルバイトの中では一番職位が上ですので、正社員を目指す方なら避けては通れない道になりますので、責任感を早いうちから付けて慣れておきましょう!!

まとめ

時間帯責任者(SSV)になるまでは険しい道程であるかも知れませんが、

ある程度しっかりと業務をこなし問題がなければ基本的に時間帯責任者になることはできます!!

しかし店長や上の社員との相性にもなりますので、中々なれない方も実際にいますが、スタバは仕事に対して情熱や向上心、常に前向きの気持ちを忘れなければ、

絶対に時間帯責任者になれますので、目指す方はぜひ頑張って下さい!!

スポンサーリンク
レクタングル中